頭ひとつのオロチかな②

 前回の続き。

 次は、話が少しだけ戻るツイート(時系列の「戻る」ではなく、内容的に)。


〈これは私の勝手な憶測なのですが、S田何某議員のLGBTについてのご発言の意図は、

①日本の少子化問題を解決したい
②年々膨れ上がる財政規模を懸念している
③LGBTの方々を、奇妙な活動に利用してほしくない

だと思います。
「生産性」という部分は敢えて入れる必要は無かったかなとは思いますが〉



 なんとも都合のいい解釈である。
 勝手な憶測などというレベルのものではない。アクロバティックで手前勝手な、実に都合のいい話のすり替えだ。犯罪的と言ってもいい。

 何度も言うが、「生産性」という言葉を入れようが入れまいが、同じことだ。その発想自体にも問題はあるが、たとえこの一言を削ったとしても、その人の思想が変わるわけではない。論考が、中身のあるものになるわけでもない。
 もし仮に、K林氏の憶測の通りなのであれば、そう書けば済むことだ。直接的にね。それについてのみ論じればいい。
 だがあの論考を読む限り、明らかにK林氏の憶測は、論考の主題ではない。意図を読み間違えている。論考にセクシュアルマイノリティを引いてきている時点で、その薄っぺらさが透けて見えるというものだが、やはりそれにも思い至らないようだ。
 故意かどうかは知らないが、このツイートは、主題をごまかそうとしている言葉のように感じられてしまう。ごまかしではなく、本気でそう思っているのだとしたら、はやりこれも問題あり。
 だから、犯罪的なのだ。

 ひとつずつ指摘しておこう。

 ①について(日本の少子化問題を解決したい)。
 そもそも、少子化対策に LGBT を巻き込むのがおかしい。
 少子化の問題は、LGBT とは無関係にもっと遥かに広範囲で、多岐にわたる問題だろう。それを、まるでセクシュアルマイノリティが存在しなければ解決するかのように言うのは、まったく理解できない。
 そうは言っていない...と言い訳するかもしれないが、ならば無関係の事柄を引いてこなければいい。擁護などもしなければいい。あのような見せかけの「擁護」パフォーマンスは、むしろ迷惑でしかない。
 以下省略。

 ②について(年々膨れ上がる財政規模を懸念している)。
 財政規模に対する懸念もまた、LGBT と関係しない。他に検討するべきことが...などと言うのもばかばかしくなる。関連付けること自体が、非常にナンセンスなのだ。
 諸所のことを考えれば、今後その規模はさらに膨れ上がっていくでしょうね。しかし問題の解決は、別のところに求めるべきである。昨今のあちらの様子は、解決するつもりがあるのか甚だ疑わしいが。

 ③について(LGBTの方々を、奇妙な活動に利用してほしくない)。
 S田氏は LGBT の理解者ではないし、基礎知識もないし、S田氏に援護して欲しいとも思わない。それをまるで LGBT の擁護者であるかのように書くのは、ほとんど悪意すら感じる。
 重ねて言うが、S田氏は断じて理解者ではない。実情は、まったく逆にある。擁護など、むしろ絶対お断り(正しい知識を得て認識を改めない限り)。
 奇妙な活動に利用しているのは、まさにS田氏自身であろう。自分のおかしな主張のために便利に使い、嘘ばかり並べ立てている。セクシュアルマイノリティに対してマイナスイメージや謝った認識を植え付けることこそあれど、援護になることなど何もない。

 要するに、K林氏の憶測する①②③は、いずれも論点がずれている。正確性がないし、事実も無視だ。

 次。


〈S田先生は、子供を産む人は素晴らしい!と言っていたのではなく、どちらかと言えば子供を産むことに税金を分配したいと言っていたのでは〉



 言ってない。どうすれば、そう読めるのか。繰り返しにしかならないが、そう言いたいのならば、それを主題として論じればいいだけのことなのだ。
 LGBT を引き合いに出す必要性は、完全にゼロである。
 仮に論考の失敗をひとつだけ挙げるとすれば、これは最大の失敗である。ただし、当人は以前からそういう思想であり、その主張を曲げない人物であるし、あの論考に見るべきものは何もないので、実際には「論考全体がすべて失敗」だが。

 この他にも、少子化と絡めてあれこれ言う人が後を絶たないが、絡める意味がまったくわからない。絡めてどうするの? まったく意味を成さないし、何ひとつ解決しませんが。
 LGBT と少子化を同列のように論じたりするから、本質を見失う。何が言いたいのか、わからなくなる。LGBT の存在程度では少子化には影響を与えられないし、何かしたとしても少子化対策にはならない。そんなことでは、子供は増えない。
 どこを見ているのか、疑問ばかりが湧いてくる。見るべき方向がおかしい。

 まぁ、しかしそれも、当然とも言える。あの、わけのわからなさは。
 あれは、少子化対策という大義名分を振りかざすことで、LGBT を否定しようとするものだ。
 少子化問題を論じるふりをしながら、実は少子化は主題ではなく、それを LGBT の全否定の理由に使おうとしているだけのもの。因果関係を見失っているだけでなく、事実は無視、論点はズレる、思想は歪んでいるし、人道にももとる。そして発言者は、それに気付けない。いいことはひとつもありませんね。
 その魂胆は、まことに醜いものである。頭がおかしな人にしか見えないので、そのような発言はおやめになった方がよろしいと思います。

 最後。


〈議会での発言は言葉足らずであったと反省しております。
私の周りには小学生の頃から同性愛者の友達がおり、同性愛者の方々に向けての差別が日本にあるなんて考えたこともなく、発言してしまいました。
そして趣味という多義語を使ってしまったことも悔いています。
よく議論する必要がありますね〉



 何をどう突っ込もうかと、頭を抱えてしまう。言うことが酷すぎて、二の句が継げない有り様だ。

 K林氏が、議会において「同性愛は嗜好だ」「障害かどうかわからない」などなど、S田氏とまさに同じ思考による発言を延々とぶってみせたのだが、これは、それへの言い訳ツイートである。
 言い訳ブログがまたぶっ飛んでいるのだが、ここでは触れない。

 完全に錯誤である。

 言葉足らずかどうかとか、そういう問題ではないのだ。
 このツイートに限って言えば、的外れな反省に始まり、想像力の欠如(私の周りには〜)、無意識の差別と無知(同性愛者の方々に向けての差別が日本にあるなんて考えたこともなく〜)、基礎知識の決定的な不足と著しい認識の歪み(趣味という多義語を〜)等々、まるで錯誤と無知のデパートである。
 単に無理解なのだ。これらの事情すべてにおいて。
 以下、省略。



 最後に、上記の発言にも関係する「歴史」とやらの話を少し書いておきたい。
 このところ「同性愛者に対する差別は日本にはない」などと言ってのける人を、度々見掛ける。それらは想像力の欠如や無知の問題で、これ自体は、昔からちょくちょく目にすることがあった。
 しかしこの頃は、これに続けて、あるいはその前段階として、意味のわからない発言がくることが少なくない。

 例えば、歴史的事実を見誤った「中世からの伝統として社会が受け入れてきたから、日本には差別はない」といった、意味のわからないもの。一応指摘しておくが、完全な誤りである。加えて、そもそも江戸以前の話を引いてきても意味がない。
 壮大な妄想を、まるで歴史に基づいて論理立てて表明していますとでも言いたげに述べ立てる。まったくお笑いである。

 ここでは思うことの詳細は省くが、僕自身は、擁護においても否定においても、江戸時代やそれ以前の実情を引いてくるのは、あまり有意味だと感じない。
 昔の日本はどうであったかを知るのは、悪くない。歴史を知ることは、大切なことではある。昔はそうであったが、翻って今はどうか...という視点も、あっていいだろう。
 しかし、「だから今でも...」というようなつなぎを持たせることには、疑問を持つ。特に、S田氏やK林氏のような論調においては、疑問は大きくなる。
 昔はどうであれ、今現在どうなのかが最も問題なのだ。それを見誤っては、元も子もない。現実を無視する態度は、怠慢といって差し支えないだろう。
 こうした人たちは、やはり有害である。

カテゴリ