産まれ出ずれば世界はプリン

 誕生日絡みの話など。

 一番思い出に残っている誕生日はあるだろうか。
 僕はといえば、これといって特筆するものはない。誕生日はいつも家族だけでやっていたし、特別なプレゼントをもらうこともなかった。
 生まれ年や田舎だってことも関係しているかどうかは定かでないが、友達や近所で誕生日に集まることもなかったなぁ。パーティーする家もあると知っても、呼びたいと思ってなかったな。
 習慣的にそんなもんだと思っていた節がある。

 むしろ今現在の方が、ちょっと変わったことをしている。

 きっかけは、両親の海外旅行である。
 父が退職して落ち着いてから、まだ行けるうちに行っておきたいと、時々海外旅行に出掛けるようになった。初めての時は、心配性の母がいろいろと微に入り細に入り事前に調べていて、やりすぎだろうと思っていたが(後年慣れてくると、徐々に落ち着いていった)。
 しかし諸々の都合で、旅行期間がよく5月になった。

 それまでは、成人してからも何かしら祝ってくれていたが、あれからぱったりとなくなった。

 毎年の恒例行事だったとはいえ、それがなくなったとしても、さして不都合はない。
 がしかし、なんとなく誕生日に「何か欲しいかも」と思ったのだ。
 何がいいかな? 誕生日に食べるものの定番であろうものは、まずケーキだろう。しかしケーキは、自ら買って食べるほど好きなわけではない。ケーキやクリームと比べれば、饅頭やアンコのお菓子が好き。でもなんだか味気ないというか、物足りないというか...。
 そんな感じでいろいろと考えていて、ふとプリンを食べたいと思った。

 プリン! いいじゃないか。

 プリンも馬鹿にならない。種類も大きさも、いろんなものがある。
 あれ以来、毎年誕生日には自分用にプリンを買って帰る。自分が食べるためだけに、たったひとつ。
 いろんなプリンを買いましたねぇ。スーパーにも、おもしろいプリンがあれこれある。超シンプルなのも、やたらハデなのも。地元産もある。
 地元産なら、町内のケーキ屋さんもいい。買うのはケーキではない。プリンである。プリンを置いてないケーキ屋さんに、用はない。

 無理に、プリンだけにこだわる必要はない。例えば何か適当ないいスイーツなどあれば、それでもいい。でも他に思い付くものもなくて、プリンが続いている。
 食べてみたいけど、まだ口にしていないプリンもあるしね。

 小さな楽しみである。

カテゴリ