2016年12月アーカイブ

使い心地は軽やかに

 最近、Bear を使い始めた。
 Bear とは、なんぞや。マークダウンが使えるテキスト系のアプリである。Mac 版と iOS 版があって、意識しなくてもデータの同期ができるノート系のアプリである。

 しかーし! 僕はマークダウンが使いたかったわけじゃないから、肝心のマークダウンを使ってない。ないったらないのだ。

 これまでサイトの更新ネタの仮置きや編集には、主に MobisleNote を使っていた。でも、ちょっとした不満があるんだよね。
 本当に細かいことなんだけど、ちょこちょこちまちました部分で使いやすくないところがあったのだ。いや、基本的には不満はないんだけどね。
 例えば、デスクトップ版で自動保存される時の挙動(一旦ページのトップに戻ってしまうし、直前の編集内容が保存されずに消える)だとか、iOS版でページの最下部での表示が気持ちよくない(最終行が半分隠れた感じになってしまって、編集にやや支障をきたす)とか。そういう小さいことです。
 小さいとはいえ、繰り返しにしろ種類にしろ、数が積み重なればバカにならない。

 そんなわけで、これはこれで便利なんだけど、別のアプリに乗り換えようかな...などと長いこと思っていた。思ってはいたけど、乗り換えてもいなかった。
 腰が重いですね。

 ほんで、バージョンアップしたのを機会に Bear を試しに使ってみて、悪くないな...と。正直、マークダウン記法は使ってないから、そこの部分はむしろ不要かもしれないんだけどね。僕としては。今現在、マークダウンを使ってるのはタイトル部分だけ。
 宝の持ち腐れですね、うん。

 使い始めてすぐは、Mac 版でスクロールバーが常時表示されるわけではないことに戸惑った。これは想像だけど、マウスによる操作じゃなくてキー操作を前提としてるからなのかもしれないですね。ただ、スクロールバーは、ページの長さや位置を知る手掛かりにもなるものなので、そういう意味では常時表示されている方が便利だと思うんだけどなぁ。
 あと、ページのタイトルは、上部に常に表示されるわけじゃない。ページを下にスクロールしていくと最上段もページ送りについていくので、タイトルは見えなくなる。まぁ左側のリストに出てるから、タイトルがまったく分からなくなるわけでもない。がしかし、地味に不便な気がしなくもない。

 って、不満ばっかりじゃないか。

 いやいや。でもその他の点で、いいところもいっぱいあるんです。
 アプリの見た目が気持ちいい。フォルダはないけど、階層的に表記できるタグがあるから分類は簡単。そのタグの「管理」は、実質的にしなくていいようなもの。
 いいじゃないか。
 それに、見た目だけじゃなくて、使って気持ちいい! これ、重要。

 Mac版もiOS版も、左側がインデントしたかのように開いている。いくつかのマークダウンを表示するなどの領域のようですね。
 これも最初は戸惑ったんだけど、すぐに慣れてしまった。意外と気にならない不思議。

 といった按配でして、いい感じです。これは乗り換えるしかなかろうて。MobisleNote は使わなくなりそうだなぁ。
 今のところ、Bear にネタを溜めてるけど、アップ済みの記事は Bear に残していない。サイトにアップしたら、Evernote に移している。
 面倒といえば面倒だけど、昔からこうしてたし、意外なことに(?)あまり面倒だと思っていない。

 将来的には、マークダウンの一部を利用することもあるかもしれないけど、どうだろうな。使うかな。

 なんにしろ、こんな使用法はまったく「正しくない」ので、ご注意ください。僕は気にしてないけどね。