2016年8月アーカイブ

おシリ合うのも一苦労

 前回の続きみたいな感じで。

 先に書いた通り、僕には「TOOT の XS」とか「もっとヒップが小さいアンダーウェア」とか、そんなものが欲しいという希望というのか願望というのか、とにかくそんなものがあったらいいなという気持ちがあるわけです。
 結局それは、僕がちびっ子だからなんだろう。
 ヒップが人並みと比べて大きいのか小さいのかは、正直よくわからない。どっちにしろ、全体的にもう少し小さくてもいいと感じるわけで、全体が小さけりゃよりフィットするだろうと想像できる。

 しかし、TOOT に限らず、フィット系のアンダーウェアのヒップに余裕があるだとか、しっかりカバーして伸びもいいなんてのは、一般的にはその方が履き心地のよさを確保できるからだ。たぶん。
 もし、ヒップを小さく作りすぎたら、あるいは伸びがないのにヒップサイズにピッタリで作ってしまったら、体を曲げた時に半ケツになりかねない。しゃがんだ時、体を前に傾けた時、自転車に乗った時、椅子に座った時、はしごを登る時...などなど考えられる状況はいくらでもある。
 単に伸びがいいだけでも、あるいは収縮力が強すぎても、同じことが起こる。
 半ケツは、やはり心地よくない。平気な人、いや、むしろ半ケツ歓迎カモンカモーンな人もいるけど、通常は好まれないものだ。

 ね。困るよね。オシリが出ちゃうと。
 そしたら、ヒップはそれなりの大きさに作るのが妥当だし、そう作らざるを得ないとも言える。うむ。

 いつだったか「ヒップは履き心地に大きく影響する」ようなことを書いたことがあるけど、こう思うからですね。おシリ、ナメるべからず(深い意味はない)。

 んで、ほいたら XS とか XXS ならいいんじゃね? ってなるよね。自然と。真偽はともかく。
 ところが実際には、そんなサイズがないんですねぇ。ないから泣きたくなるんですねぇ。

 クレボのボクサーは、このあたりがかなり絶妙といえるかもしれないのだ。完全にヒップを覆い隠すわけじゃないけど、かといって半ケツになるわけでもない。「やや半ケツ気味」と言えなくもないが。
 たぶん、僕の履き方と、モデルの癖と、サイズ感とが、わりとうまい具合にハマるんだろう。ベストではないとしても。当然、他の人は同じように感じなくても不思議じゃない。
 ただし、全モデルが同じ感触なわけではないだろう。モデルによって多少の違いがあるみたいだし、僕は全モデルを試したわけでもないから、これ以上のことは何とも言い難い。
 とはいえ、少なくとも僕にとっては、その立ち位置がなかなか絶妙なあたりにあるのだ。逆に言うと、ヒップの大きな人やヒップを完全にカバーして欲しい人には向かないウェアじゃないかと思う。
 さらに言えば、クレボに関しては、僕でも XS じゃない方がいいのかもしれないなー。S で充分な気がする。

 であるからして、やっぱり TOOT あたりで XS が欲しいんだよなぁ。
 それがベストかどうかは、まったくわからないが。うむ。