いるものといらないもの

 こんな話をアップしようと思っていたのだが、そこへニュースが飛び込んできた。それは、Evernote に関するもの。
 まずアップ予定だった話から、順を追っていこう。

 Evernote を使いだしてからもう何年にもなるけど、Webサイトの保存やメモにはあまり使っていなかった。
 しかし最近、時々保存するようになっている。

 そのきっかけを作ったのは、Pocket である。
 これは保存しておきたいけど PDF にするほどでもないな...とか、とりあえずでいいから Evernote に保存しておこうかな...なんて思うことが、時々出てくるようになった。昔はあまりなかったんだけど、こう思うことが増えたのは、Pocket を使うようになってからだ。Pocket に溜めた記事を開いている時に、そんな欲求が度々出てくる。

 Webサイトは、丸ごと必要だと思えば PDF にしてしまうことが多い。
 Mac なので、Webサイトの PDF 化は標準機能で簡単にできる。PDF 化する時は、先に PrintWhatYouLike などのようなブックマークレットで不要な部分を削除しておく。

 ほんで、Evernote への保存はといえば。
 最初は、PDF の保存時と同じように、ブラウザで開いたページを PrintWhatYouLike で処理してから、Web Clipper を使って Evernote に送っていた。しかし、某ニュース系サイトの記事を同様に処理した時、Evernote 側の表示で不都合が生じた(先に付け加えておくと、これは古い情報でして...)。
 エラーなどではない。フォントがやたらとデカくなったり、使われている画像が元サイズのままだったりで、僕が固定しているウィンドウのサイズに収まらなかったのだ。
 まだ余裕があるからウィンドウを広げろと言われれば、確かにそれで対応できなくもない。でも、Evernote のウィンドウの左側は開けておきたいんだよね。諸々の都合で。だから、ウィンドウサイズは変えたくない。
 それに、フォントが自分の設定した標準の倍以上のサイズになるから、どのみち気に入らない。Evernote のノートは、フォントサイズなどを統一させたいのだ。ページによって設定が変わってしまったら、読みにくくてかなわない。だから、ウィンドウサイズの変更では、解決にはならない。

 なもんで、サイトの不要な部分を消して整理して、少なくともフォントサイズだけでもなんとかして保存できないのか? と思ったら、あるにはありましたねぇ。Evernote Clearly というものが。基本機能で言えば、Web Clipper と競合する機能拡張だ。
 ただし、普段使ってる Safari には対応していない。対応ブラウザの Firefox と Chrome はインストール済みだし使ってもいるけど、Safari でそのまま...てわけにはいかない。

 それでも、Clearly の方が、僕には便利であった。

 いつもの Webサイトの閲覧には、これまで通り Safari を使う。
 Safari で見ているページを Evernote に保存したい時は、URL をコピペして Chrome で開く。面倒なようだけど、回数は多くないのでさほど面倒でもない。
 Pocket に入っている記事を Evernote に保存したい時は、Chrome で開いて、Clearly で Evernote に送る。

 しばらく、こんな感じで使っていた。

 ところでここでひとつ、知ってる人は不思議に思うだろう。なんで Pocket から Evernote に保存しないんだ? と。そうです。Pocket は Evernote と連携できるので、直接保存できます。

 しかし。Pocket のブラウズ機能には、貧弱さがあることは否めない。うまく表示できないページもあるのだ。これが意外と多い。内蔵ブラウザで表示できなかったら、Safari とか他のブラウザで開くしかないよね。ブラウザで開いたら、そのままブラウザで保存したい。
 それと、Web Clipper で保存した時と似ていて、保存のされ方があまり好きじゃない。広告などは自動的に削除してくれるけど、フォントがね。どうやらオリジナルの影響を受けるようで。ええい、面倒だな。

 各ページを見る時はそれでもいいけど、Evernote に放り込むとなると、やはりそうとも言えない。保存した時、保存のされ方にばらつきがあると、やっぱり見にくいんだわ、これが。さっきも言ったけど。
 だからフォントの種類もサイズも、僕の設定に合わせて欲しいのだ。その方が、Evernote 内での閲覧性は上がる。揃ってた方が、気持ちいい。たぶん。
 まぁ僕がそう思うだけで、気にしない人は気にしないんだろう。

 その点、Clearly は過剰な変換はしないし、フォントは揃うし、画面サイズをはみ出すこともない。
 ブログなどは、その体裁を含めて、書いた人の意図があるのだから、そのまま保存したい...なんて人もいる。そんな人には、Clearly は向いていない。しかし、余計なものまで保存したくないなら、Clearly はよく働いてくれますね。
 もっとシンプルな方がいい人は、これでも物足りないかもしれないけど。

 それに、Webページをそのまま保存したい時は、PDF でいいし。そのままを Evernote に保存しようという気にはならないのだ。Clearly はちょうどいい案配になる。
 そんなわけで、僕は Chrome と Clearly を使っていたのです。

 と、ここまでがアップ予定だった話である。

 がしかし、ここにきて状況が変わる知らせが届いた。なんでも、Evernote が Clearly のサポートをやめて、Clipper に絞る...というのであった。
 でも、あんまり困らない。なんで困らないかっていうと、上にかいたネタの内容が既に古くなっていたからだ。

 Clipper だと、保存時に不都合があった...と書いた。
 しかし機能改善だとかもあってか、あるいは僕の使い方に難点もあったか、Clearly と遜色ない保存ができるようになっていた。ただし、Clearly の方が使いやすく感じるけどね。
 それと Clipper は、保存時にちょっとした乱れを生じることがある。まぁ保存には影響がないので、たいした問題でもないが。
 今のところ、他に問題は起きていないので、今後は Clipper で保存いたしまする。